ほとんどシングル。

未婚同居からの2女児のシングルマザー。「ほぼ」ノンフィクション。脚色あり、愚痴あり。

こんばんにちは。
読んでいただいてありがとうございます。

チチとの暮らしですっかり自信喪失してしまった自尊心を立て直したい
という思いからはじめたブログなのでどちらかというと基本被害者目線です。

シングルマザーの一般論では解決できない事情、
子供の父親や血族に対する想いを綴っています。
明日を笑って過ごすため。母が元気でなくては子も元気になれず。
自分の選択に自信を持って日々暮らすためのごくごくプライベートな日記です。

※過去を振り返りつつ日常も綴っていく方式で投稿していますので、タイムラインが滅茶苦茶な部分もあります。(随時修正)

チチと一緒に暮らしている当時はそれはそれは経済的にも精神的にも苦しかった。

二人目の子供が生まれても、外から稼ぎを持ってくる気配もまったくなく
かといって私が仕事しないと暮らしを支えられないのに育児のサポートするどころか
昼夜逆転で子供を保育園に連れて行く頃には爆睡している。
何度蹴飛ばして首を締めてやりたいと思ったことかわからない。

次女の出産退院の翌日から、新生児を伴っての長女の保育園の送迎が続く中
ある朝の送りの車中で悔しくて辛くて思わず泣いてしまい
長女も泣いてしまったことがある。(当時2歳半)

我ながら不憫に思ってしまい、
普段は母親に頼るのが苦手な私も誰かに寄り添ってほしくて思わず実家に電話。
自分の親に心配かけたくなくて日々の暮らしの詳細は伝えてなかった。
そもそも子供が居る私にお金を借りようとしたりする母親に対して不信感しかなかったし
私は二人目の出産直後で不安定だったのもあるけれど、
うちの父がわりとモラハラ体質だったので先輩としてすがる気持ちもあり。

結果
「あんたがしっかりしなくてどうするの」

はいそうですよね。一緒に暮らしてないし、
心配かけたくないからと普段の様子をマメに話してないからわかんないよね。


当時私はチチから
「家庭の愚痴を外に漏らすのは恥ずべきことで片方の親がもう片方の親を悪く言うのは子供がかわいそうだ」
とごもっともなことを常日頃叩き込まれていたので、
どこにも吐き出す場所がなくて決壊しました。

それとツイッターにはほんのり投稿しちゃいましたが
愚痴を聞いてくれる友人とのラインのやりとりを待ち受け画面でうっかり見られてしまい
自分のことだと気づいてしまったチチが激昂して
子供と寝ている部屋のベビーゲートをすごい勢いで蹴り倒し
さらにその後のやりとりが後のPTSDをどうやら引き起こしたエピソードがあります。



言葉もままならない子供と添い寝してて
しかも明け方にそんなことをするなんて
今となっては考えられない行動なんですが
思えばそこからいわゆる恐怖支配されていたんだと思います。

【トラコミュ】ココロの断捨離


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

またチチの不可解な行動が明らかに。
Oさん 私の父親の旧友で会社を経営している人

チチとまだ一緒に暮らしていた頃、義実家へ向かう途中にそのOさんの会社事務所があり、
看板なども掲げられていたので何気ない会話の中で
「ここのOさん、うちの父さん商売失敗してからも付き合いしてくれて仲良くしてもらってるんだよね〜」などと何気なく話したりしていた。

もちろんOさんとチチは面識なし。彼の実家がそこそこ近いだけ。

3ヶ月くらい前になぜかチチからのメールで
「○○ちゃん(私)にきちんとしてやれってOさんに怒られた」みたいな内容があって
「?????」と思っていたのだが、 その真相が今日明らかになった。

不審に思った私は父にそのメールの事を表面的にだけ報告してた。
ウチの父に聞いたらOさんには孫がいるのは話していても
その父親が誰だだとか、具体的なことは話してないってその時聞いていた。

まともに挨拶もしたことないし籍も入れてないから紹介する必要もないし当然。 

私とOさんも子供の頃に父に連れて行かれて
お年玉もらった(らしい)記憶すらないくらいの面識だし、
未婚で子供を育てているなんて知るわけもない。

チチとの暮らしから逃げ出してその後も色々あって
向こうから一方的にメールは来るものの
ほぼ絶縁状態でいるにもかかわらず

秋口にどうやらチチはそのOさんの会社に「雇って欲しい」と凸したらしい(!)
どうやらチチはそこでウチの父の名前(私の苗字)を持ち出したようだ。(!!)

今日私の父がOさんのところへ恒例の年末の挨拶へ行った際にその話題になり
その会社に必要な免許がなかったりの理由でOさんは断った(そらそうだ)みたい。

父は呆れて笑ってたし、母も「よっぽど切羽詰まってなんでも利用したかったのかね。幼稚だね」
なんて言ってるけど私にしてみたら一体全体なんでそんな事したのか不気味で仕方ない。

 どうにもこうにも理解できない。ほんとやめて欲しい。


 




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2948975958850197"
data-ad-slot="2281356863"
data-ad-format="auto">

このエントリーをはてなブックマークに追加

コウノドリがシリーズ放映はじまりましたね。

実は私、一人目の妊娠中に原作の単行本を読んで
情緒不安定になってました。
その当時の事を思い出してみました。

肉体的不安
  • 30代後半にして初の出産
  • 直前に中絶をしていた(過去記事参照)
  • 妊娠判定出る直前まで飲酒・喫煙・徹夜仕事
  • 安定期入る前にも性行為あり

将来的不安
  • 未婚
  • 子の父親が他の女性にちょっかいかけてた
  • 自営業で私が仕事休むと収入なし、産休は無理。
  • 実家も年寄り二人共働き

とにかく不安要素盛りだくさんでした。

そんな中

よくもまあこんな状況で出産を覚悟したなと。
よく踏ん張った自分!と褒めてあげたい。

そして元気に生まれて育ってくれている子供たち、ほんとにありがとう。
(初産分娩時間32時間だけどね…)

ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2948975958850197"
data-ad-slot="2281356863"
data-ad-format="auto">

このエントリーをはてなブックマークに追加

別居開始から1年。
一旦離れないことには頭の整理もできないし
生活もままならないと思い、なんとか在宅中心で
新卒くらいの収入を得ることができるようになりました。

一緒に商売をしてしまったのが間違いの始まり。

営業用としての車両購入
撮影スタジオとしての事務所賃貸
機材購入

これがあれば仕事できる
むしろ無いと仕事が来ない

バカな私はその言葉を鵜呑みにして
「これがあれば仕事してくれる」
というチチへ期待を捨てきれずに投資してしまいました。

しまいには私の名義で購入した営業車で他の女性とことに及び
それを知らない私が、翌日車を使用したら
バレると思って焦ったのか意味不明に
「てめーは俺の仕事どれだけ邪魔すれば気がすむんだ」と突然キレられる。

なんか変と思って車を探ったらすぐに物的証拠が出てきた。 

さらにその女の子に後日たった一人で中絶させるという
下半身のだらしなさと誠意のなさ。
(わたくし当時第一子 妊娠6ヶ月)

こんなに傷つけられたのに、
一人で子育てする不安ばかりが先立って
「いないよりマシ」 地獄

情けないったらありゃしない。

子供のためにお金使いたいのに、その時の支払いを未だにしている。 


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

土曜日は園の行事で近所の小学校の体育館。
子供と一緒に身体を動かすという趣旨のため
普段やらない運動を強要され、帰り道は歩幅が小さくなるくらい
久しぶりに肉体を酷使し、子供らと一緒に寝落ち。

日曜日はこどもの従姉妹の行事でまた別の体育館。
筋肉痛を感じる身体を無理やり起こし
徒歩をあきらめ、近くまで車で行き
PTAの出店の焼き鳥やら焼きそばやらを貪り食う。

子供らはテンション上がりすぎて動き回るばかりで
ろくすっぽ食事せず。
買ったはいいが残った牛丼やらジュースやらを家に置いて
洗濯機を3回回したところで公園へ散歩へ。
ブランコだ鉄棒だ滑り台だシャボン玉だって大騒ぎ。
カメラを持って遊びに行ったがほとんどシャッターを切る暇はなく。

風が強すぎて予定より早く切り上げ、
洗い終わった洗濯物を干そうとするが
眠くなった娘2が機嫌悪すぎて抱っこ攻撃。
「お洗濯干すから待ってね」とお願いしてはみるも
思い通りにならないとものを投げるという最近のお得意パターン。

怒る体力がないぞーーー!

とほほ。
掃除機かけたいのに・・・。
落ちてるもの拾うだけで日が暮れそうだ・・・。

ちょっと気分転換にコーヒーでもと
机に腰掛けてると今から祖母の「あああああ!」というほぼ悲鳴に近い声が。
すこし様子みましょうと放っておいたら
どうやらペットボトルを倒してジュースをこぼしたらしい。

黙って聞いてたらただただ大声でぼやいているだけなので
ため息まじりに居間へ移動。
「はいお手拭き。足洗おうね」と連れ出しシャワーでさっぱり。

おかーさーんあそぼーと娘1。
かくれんぼしたいと。
かくれるとこねーし(心の声)
お片づけしないと危ないから待ってね〜と

かくれんぼを餌に掃除の時間を確保。
やっと掃除機をかけ終わり「きれーい」と娘2。

かくれんぼを3回こなし
ちびまるこちゃんという救世主が現れたので
ビールを開け、買ってきた牛丼を食べたいとの娘1と
ラーメンがいい!!!とあくまでも譲らない娘2。

同じもの食ってくれ・・・。

サザエさんが終わる頃にやっと食事が終わって
風呂という戦場で戦い

(中略)

寝かしつけてイマココ。

日曜日が週で一番体力使う・・・。


【トラコミュ】日常の小さなできごとを愛する生活
【トラコミュ】SOHO、在宅勤務、在宅ワーク
【トラコミュ】ココロの断捨離



にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

アラフォーをとうに過ぎ
子供も大きくなって子育ての必死さから抜け出つつある近頃
目線は自分に向いてきます。

子供を持つ前には想像もできなかった暮らし
もともと朝が苦手、協調性があまりない私は
何度かあった会社員への誘いを断り
フリーランスの道を選んでいます。

私の職業はいわゆる締切仕事なので
会社員になったら残業はデフォルトでついてまわります。

締め日間近は自分はもちろんのこと
周りのスタッフもピリピリ時間とにらめっこ。

そんな時子供が熱をだして保育園から呼び出しがきたら・・・?
もし休まなければならなくなったら・・・?

想像したらとてもじゃないけど会社勤めは簡単には決断できませんでした。

改めてフリーランスのメリットとデメリットを自分なりに考えてみました


メリット
  • 予定のタスクが終わらなくても、夜間・休日で(酒を飲みながらでも)フォロー可能
  • 自分のペースで時間配分可能
  • お客さんを選べる
  • 誰も怒らない
  • 自炊できる
  • 通勤なし
  • 通信費、家賃などのインフラにかかるお金は経費にできる
  • 何よりも家事をしながら仕事がある程度可能

フリーランスのデメリット
  • 給与保証なし・福利厚生もない、年金少ない
  • 替わりに仕事をフォローしてくれる仲間はいない
  • 収入は不安定、サボるとそのまましっぺ返し
  • 時間の計算がしにくい
  • 確定申告を自分でしなければならない

将来への不安はサラリーマンもフリーランスも一緒。
会社も社会もセーフティネットではなくなる時代が目前です。

「今」やっていること、いる環境、好きでハマっていることにどれだけ熱中できているかによって、
将来の自分は変わっていくのかなと思います。

少なくともフリーランスは
たとえそれが嫌なことでも
「自分がメリットを感じるからやるか」
楽で儲かりそうだけど
「今後プラスになる予感がしないからやらないか」
を自分で考え、選択する自由があります。
会社員が安定している時代は
きっと子供達が社会人になる頃には完全崩壊しているでしょう。

だって、東芝とかが海外資本に買収されているんですよ。
パスポートすら持っていない私でも、「過去の栄光にしがみつく日本」を肌で感じています。


【トラコミュ】日常の小さなできごとを愛する生活
【トラコミュ】SOHO、在宅勤務、在宅ワーク
【トラコミュ】ココロの断捨離
【トラコミュ】断捨離シンプル&ミニマムな暮らし


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

気持ちの整理がうまくいかなくなって
カウンセリング通い始めてそろそろ半年。
やっぱりプロは違うな〜と思いながら
私も勉強したいなって感じています。

自分のメンタルコントロールできないのに人様のなんてまだまだ先の話ですな・・・。
自分の経験が誰かの役に立つといいな。

まだまだ大きな音に必要以上に驚いてしまったり
イライラをコントロールできなかったり
危なっかしいですが気持ちの切り替えは
だいぶ回復してきたような手応えはあります。

子供達の成長は驚くほど早い。
追いつけるように、だけどマイペースで。
自分を見失わないように。

なんども救われたこの曲。

https://itunes.apple.com/jp/album/time-will-tell/id811254484?i=811254511



次回のセッションはヒプノセラピー。



【トラコミュ】日常の小さなできごとを愛する生活
【トラコミュ】ココロの断捨離


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ

このエントリーをはてなブックマークに追加


未婚出産を決意させたのは他でもないお腹の子であるチチの不誠実な態度への不信感。

そんな男の子どもを軽率に妊娠してだらしないだとか
避妊もせずに無責任に不幸な子供を増やすなだとか 
「自分が我慢したら子供は両親がそろって、健全な家庭。でももう限界、私は子供から父親を奪う」
って言い回しをしたら
自分に酔うなとかという批判も某知恵袋なんかで受けて
やっぱり自分はおかしいのだろうか・・・と
こういう風に自分の思いを綴ることすら許されないような精神状態になり
ますます自分を責めるばかりの日々でした。

ただ一つ
チチへ言いたいことがあるとしたら

「私を“母親”にしてくれてありがとう」

それだけはいつか伝えたい。

と、思ってはいるけれどまだまだそこまで悟りの境地には至っておらず
ドロドロもやもやした気持ちを整理することが先決のようです・・・
我ながらやれやれ。



【トラコミュ】日常の小さなできごとを愛する生活
 
【トラコミュ】SOHO、在宅勤務、在宅ワーク
【トラコミュ】ココロの断捨離
【トラコミュ】断捨離シンプル&ミニマムな暮らし


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今チチはどうやら実家に戻ってきているらしい。
仕事が切れて失業保険を受けているようだ。

日本の大手ゼネコンに重宝されているだとか
所得ありすぎて来年の市民税が怖いだとか健康保険料がこわいだとか
子どものために生活費渡さないだけで取って置いてるだとか

大口叩いてましたよね。SNSで。
その他性別コンプレックスが露呈した書き込みやら
下品な内容やら
さも自分は前妻とその子供たちと友好な関係を
続けてているような(多分電話しただけとかだと思われ)
内容だったんですが時々削除されたりしていてよくわかりませんでした。

認知を取り付けるために
動向を知るためにチェックしていたのですが
正直うんざりしていたので
認知を取り付けた時点でどうでもよくなってたので見てませんでした。
否定的な言葉ばかりで病むし。 

私の及ぶところではないと思った次第。




にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2948975958850197"
data-ad-slot="2281356863"
data-ad-format="auto">

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日も心と頭の整理。
カウンセリングを受け始めて浮かんでいる事。
  • 母との問題が実はあって自分がアダルトチルドレンでは?
  • チチを自己愛性人格障害ではと思って色々勉強したけどもしかして自分もその素質があるのでは?
  • 自分で記憶を捏造してはいないか?
とにかく子供のために健全な心を取り戻したいと思います。
まだまだ頭がとっちらかっているのでうまく整頓できずにいます。

引っかかっているのは常にチチが
「自分が悪者になることで周りが上手くいく」
「わざとミラーリングしている」
という言葉。

そして激しい口論になったりしたときに出た
「みんなお前の味方だ!!!」(←多分自分の母親。私は彼の友達を誰一人知らないから)

一緒にいると精神被爆するという説もあるので
自分がどこまで思い込みが激しいのかわかりませんが、
しばらく自己分析は続きそうです。


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


にほんブログ村 子育てブログへ


にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ





style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2948975958850197"
data-ad-slot="2281356863"
data-ad-format="auto">

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ