ほとんどシングル。

未婚同居からのシングルマザー。「ほぼ」ノンフィクション。脚色あり、愚痴あり。

2015年06月

IMG_4377

もうね、「よっしゃ、今日こそはあの人に電話してあれやこれやを云々」
と考えて保育園の送りから帰ってくると、何かしら必ずと言っていいほど
やる気の芽を摘まれる出来事があるわけですよ。 

今日はコンビニ寄らないでまっすぐ戻って作業するぞコラ!
と思ってハンドルを握っていると

「ポコペン♪(ショートメール)」 

送り主:チチ
本文:「カフェオレとタバコ」

 は??何この体言止め。

というか私のメールの受信箱には全く同じメッセージが山ほどあります。
もうチチからのメールの本文なんて9割コレです。

つーかよ、おめー朝顔合わせただろーが言えよ口で。
つーか自分で行け。歩け!

 週に1回くらいは家から出ろ。

てーか、ビタ一文出したくないんですが。

と、やさぐれて結局コンビニ寄って買い食いしながら
家に戻りたくない気持ちが落ち着くまでスマホいじり。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
読んでいただいてありがとうございます。
色々と中途半端、しかも自分勝手な想いばかり列ねているブログですが、
できるだけ読んだ方の励ましや心の支えになるような
内容にしていきたいと思っていますので宜しくお願いします。


今日は料金収納代行サービスを比較。

一人で会社を運営すると、本来のデスクワークやお客様との打ち合わせ以外に
やることが盛りだくさんです。

特に

・経理業務
・集金
・納品

に関してはやりだすとさほどの労力ではないけれど
相手があることだったり、忙しいとついつい後回しになってしまいがち。
そのくせに売上と資金繰りに直結するもんだから後回しにもできない。
こっちを優先すると出先でお客さんに捕まっちゃったりして予定の作業ができない。

あ〜もう!
ということで人を雇わずにやりましょうということで
まずは集金業務。例えば何千円かの集金が1日に5件あっただけで
その日はなーんにもできません。

ガソリン燃やして
時々すっぽかされて
待たされて

ということもままあります。

やってらんね〜

ってなるわけです。
前の職場では営業マンに横領 された事もあったりで
お金に関わる部分に関してはほんと神経を使います。

営業兼集金の人員を雇うなら売上回収に応じた手数料を払った方が
よいだろうという事で今日はじっくり資料を集めてみたいと思います。

後に比較レポートしてみたいと思ってます。 
このエントリーをはてなブックマークに追加


さて。今日は午前に打ち合わせの予定。
毎朝祈るけど

今日はスムーズに保育園に出発できますように。

娘2は珍しくなかなか起きてこず
まだ本調子ではなさそう。
寝顔を見ると目ヤニが……

お腹のピーピーが治ったと思ったら
風邪ひいたのね。

子供の目ヤニは風邪からくるらしいので
特に眼科とかは行きません。→参考サイト 

娘1 目覚めて開口一番
娘1 「ゲリしてるから保育園おやすみする〜」
「トイレ行こう」 
娘1 「やだー」
「今日は保育園おやすみできないよ」
娘1 「やだー」

まあよくあることだと
朝食と炊飯のために放置して階下に降りて台所で仕事してると

降りてきた娘1

スカート履いてます。 
(=今日は休みなのでおしゃれしていい ※勝手な自己判断)


通っている保育園はどちらかというと方針が古風というか
やんちゃに育てるという方向性なので
髪も結べないので短く、キャラクターやフリフリした洋服はNG。
最近とみに色気付いてきた3歳児は髪の長いのだとか
ヒラヒラしたものに心奪われているご様子。

子供服は無印の収納ケース
カテゴリ分けしているのですが 
「おやすみの日おしゃれ用の服」
からお気に入りをコーディネイトしたようです(相変わらず頓珍漢です)

「今日は保育園だからズボン履いてね」
娘1 「おやすみするの!(半べそ)」
「お母さん今日は仕事だからお家にいても遊べないよ」
娘1 「いいの!」
「じゃあ娘2ちゃんだけ保育園いこっか」
娘1「ダメ!!!(ボリュームアップ)」
「じゃあ着替えて一緒に行こう」
娘1 「やだ!」

以下エンドレス


と不毛なやりとりが多い近頃。
子供は少しでも体調悪いと甘えたいという気持ちが出るのですが
最近お姉さんになったね〜と褒められることも増え
それはそれで嬉しいらしく、かといって娘2のように抱っこされたい…
などなどご本人もなかなか複雑なようです。

成長の証と思って子供扱いしないで
なるべくつきあうようにしてるんだけどキリがないので
朝のバタバタしてるときには正直

イラっときます。

すでに女同士の言い争いみたいなノリになってきてます(;´Д`)


トラコミュ
やっぱり好き MUJI 無印良品



このエントリーをはてなブックマークに追加

一人で子育てをしていて、何が助かるって「病児も預かってくれる先」があること。
大人の都合はまったく無視でお腹をこわす、熱を出す、遊んで怪我をする。
保育園によって設定は違えど、ある程度の微熱があったりすると電話が鳴る。


(携帯の画面) 「◯◯保育園」
(心の声) ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

「もしもし」
「あ、娘2ちゃんのお母さんですか?◯◯保育園です。娘2ちゃんが…」
「あ、熱でました?」
「はい。お昼寝のあと元気がないので測ってみたら…(以下略)」
「わかりました。なるべく早く迎えに行きます」

(心の声) まだ何も終わってない (´;ω;`)

というのは働く母さんなら誰もが経験する事。
もちろん我が子が具合が悪いと心配なのは当然だが、
家計を支える身としてはため息が出るのも事実。

そしてそれはたいてい翌日以降も持ち越す事が多い。
明日の打ち合わせどうしよう…。

私の場合自営業なので

「先方に気を使わせる=次の仕事が来なくなる」(極端な場合だけど)
という恐怖があるので
間違っても「子供が熱を出しまして…」
というのはキャンセルの理由に使えない。

もちろん勤め人も周りの目だとか
純粋に給料が減ったりだとかあると思います。

そんな時最強な助っ人がやはり祖父母の存在。
私は幸いな事に車移動で30分圏内に両祖父母が揃っている。
しかも父方の祖母(ばーちゃん)は専業主婦と来たもんだ。
私の父母(ジジババ)は平日は共働き。

そらー頼るでしょ。
え、だめ?そんな都合のいい?
いやいやチチと私の関係をスッポリ無視すればなんてことない。

逆に私に気を使ってなかなか遊びに来られないじーちゃんばーちゃんにとっては
思う存分可愛がれるチャンスとばかりに喜んで引き受けていただける。

今後の事を考えると色々と悩ましいところではあるけれど
関わる大人は多い方が良いというのが私の考えでもあるので
もし父親と別離することになっても
じーちゃんばーちゃんと孫の良い関係は
続けばいいなあと都合のいい事を考えてます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ