とにかく自分の身の回りの事は一切やらない。
靴下は寝床の足元に転がっている。
風呂に入る時着替えは用意するのに脱いだ服はその辺に置く。

お腹が減ってもカップラーメンのお湯すら人に頼む。 
しかも「お腹減らない?」と同意を求める。

いやいや、手が離せないからカップ麺でいいからお願いできない?
と言えませんか?その便乗商売みたいなのやめていただけません? 

当時は食い扶持の通常作業と並行して立ち上げの業務を行っていたので
家に帰る暇もなくほとんど泊まり込みで合間を見てコインランドリーとか
実家の洗濯機を使って溜まった洗濯物を処理していました。
(なぜか事務所に風呂とキッチンはついていた)

カゴにいっぱいになった洗濯物を運び出す姿、見えませんかね?
プラス帰りには食料を買い込んで来て車と何度も往復している姿、見えてませんか?
あなたの洗濯物もこってりあるんですが。

妊婦なんですが。

相変わらず「病院行かないの?」と言うばかりで、説得力のある言葉はなし
せめてもの心配りも感じず、私はどんどん不機嫌になり、
チチは震災で受けたダメージでほぼ引きこもり状態。

一緒に商売をやる事すら後悔し始めたものの
すでに事業資金の融資も受けたし、機材を購入してしまったりしていたので
そうもいかず、 チチの態度に関しては様子を見るしかないだろうと半ばあきらめモード、
兎に角私は無事に出産を終える事を目標に粛々と周りを固め始めました。

  1. 収入の確保
  2. 両親の説得(この時点では報告もまだ)
  3. ひとり親家庭についての情報収集
  4. 何とか仕事以外で縁を切る作戦はないのかアタマをひねる 
まずはこの優先順位を意識して日々の決断と行動をしていく事をココロに決めました。