ほとんどシングル。

未婚同居からの2女児のシングルマザー。「ほぼ」ノンフィクション。脚色あり、愚痴あり。

カテゴリ:私のこと > 雑念

コウノドリがシリーズ放映はじまりましたね。

実は私、一人目の妊娠中に原作の単行本を読んで
情緒不安定になってました。
その当時の事を思い出してみました。

肉体的不安
  • 30代後半にして初の出産
  • 直前に中絶をしていた(過去記事参照)
  • 妊娠判定出る直前まで飲酒・喫煙・徹夜仕事
  • 安定期入る前にも性行為あり

将来的不安
  • 未婚
  • 子の父親が他の女性にちょっかいかけてた
  • 自営業で私が仕事休むと収入なし、産休は無理。
  • 実家も年寄り二人共働き

とにかく不安要素盛りだくさんでした。

そんな中

よくもまあこんな状況で出産を覚悟したなと。
よく踏ん張った自分!と褒めてあげたい。

そして元気に生まれて育ってくれている子供たち、ほんとにありがとう。
(初産分娩時間32時間だけどね…)

ブログ村ランキングに参加しています。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2948975958850197"
data-ad-slot="2281356863"
data-ad-format="auto">

このエントリーをはてなブックマークに追加

気持ちの整理がうまくいかなくなって
カウンセリング通い始めてそろそろ半年。
やっぱりプロは違うな〜と思いながら
私も勉強したいなって感じています。

自分のメンタルコントロールできないのに人様のなんてまだまだ先の話ですな・・・。
自分の経験が誰かの役に立つといいな。

まだまだ大きな音に必要以上に驚いてしまったり
イライラをコントロールできなかったり
危なっかしいですが気持ちの切り替えは
だいぶ回復してきたような手応えはあります。

子供達の成長は驚くほど早い。
追いつけるように、だけどマイペースで。
自分を見失わないように。

なんども救われたこの曲。

https://itunes.apple.com/jp/album/time-will-tell/id811254484?i=811254511



次回のセッションはヒプノセラピー。



【トラコミュ】日常の小さなできごとを愛する生活
【トラコミュ】ココロの断捨離


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ

このエントリーをはてなブックマークに追加


未婚出産を決意させたのは他でもないお腹の子であるチチの不誠実な態度への不信感。

そんな男の子どもを軽率に妊娠してだらしないだとか
避妊もせずに無責任に不幸な子供を増やすなだとか 
「自分が我慢したら子供は両親がそろって、健全な家庭。でももう限界、私は子供から父親を奪う」
って言い回しをしたら
自分に酔うなとかという批判も某知恵袋なんかで受けて
やっぱり自分はおかしいのだろうか・・・と
こういう風に自分の思いを綴ることすら許されないような精神状態になり
ますます自分を責めるばかりの日々でした。

ただ一つ
チチへ言いたいことがあるとしたら

「私を“母親”にしてくれてありがとう」

それだけはいつか伝えたい。

と、思ってはいるけれどまだまだそこまで悟りの境地には至っておらず
ドロドロもやもやした気持ちを整理することが先決のようです・・・
我ながらやれやれ。



【トラコミュ】日常の小さなできごとを愛する生活
 
【トラコミュ】SOHO、在宅勤務、在宅ワーク
【トラコミュ】ココロの断捨離
【トラコミュ】断捨離シンプル&ミニマムな暮らし


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今チチはどうやら実家に戻ってきているらしい。
仕事が切れて失業保険を受けているようだ。

日本の大手ゼネコンに重宝されているだとか
所得ありすぎて来年の市民税が怖いだとか健康保険料がこわいだとか
子どものために生活費渡さないだけで取って置いてるだとか

大口叩いてましたよね。SNSで。
その他性別コンプレックスが露呈した書き込みやら
下品な内容やら
さも自分は前妻とその子供たちと友好な関係を
続けてているような(多分電話しただけとかだと思われ)
内容だったんですが時々削除されたりしていてよくわかりませんでした。

認知を取り付けるために
動向を知るためにチェックしていたのですが
正直うんざりしていたので
認知を取り付けた時点でどうでもよくなってたので見てませんでした。
否定的な言葉ばかりで病むし。 

私の及ぶところではないと思った次第。




にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村 子育てブログ 未婚シングルマザー育児へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2948975958850197"
data-ad-slot="2281356863"
data-ad-format="auto">

このエントリーをはてなブックマークに追加

469217a09e70bb0f471b48836e7ac330_m

チチと(やっと)離れて暮らすことになって1年くらい経った頃から
チチ本人や(しばらくまともにやり取りすることを避けてます)
そのご両親からメールが来たりするたびに手が震えたり、
ちょっとしたことで訪れる不安発作のようなものを自覚するように。
 
そのたび仕事が手につかなくなったり、子供たちにきちんと目を向けられなくなったり
車の運転が危うくなったりでかなり不安定な状態が続いています。
お酒でごまかしたりもしてみたけど翌日に支障が出るくらい呑んでしまったり。

何度かそういうのを繰り返すことがあってこれはまずいし
何より子供たちの暮らしを守らなければならないのにこれはいかん!

自分なりに色々頑張ってみたけどもう自力では無理なんではないだろうかと思い
(同居時代に心療内科行ったけど怖くてもらった薬飲めなかった)
薬に頼らず自力で立ち直りたいなと思ってカウンセリングを受けることにしました。

統一場心理学や認知行動療法を元にしたメソッドらしく
理屈っぽい私にはしっくり来たのがポイントですw

初回はHPから申し込んだ無料の20分でお試し。
何を話したかあまり覚えていませんが
話しているうちに動揺してしまい、支離滅裂になっていました。
情緒が不安定になったときに簡単にできるワークなるものを教えてもらって
初回の予約を入れて終了。
とりあえずはワークのおかげで束の間無心になったことで落ち着きました。 

対面での初回のカウンセリングはどうして相談に来ようと思ったかを聞かれて
どこから話していいかわからずにきちんと伝わったかどうかわからないまま時間となりました。
途中涙が止まらなくなったり、自分はやっぱりおかしくないんだと思ったり
1時間の中で躁鬱みたいになってました(汗)
 
印象的だったのは、
最後に手鏡を渡されて
「頑張ってるね」と自分に声をかけてみてください。
と言われてできなかったこと。
心で思うだけでもいいです。
と言われてどうしても言葉にならなくて

「できません」
『どう思いましたか?』
「本当に?と思いました」
『なるほど』

というやりとり。
友達とかに励まされるのとは全く違う感覚でした。
同時に自己洗脳してただけで自分はやっぱりおかしいんだろうか
とも思ったりもしました。

明日はカウンセリング2回目。

なんというかフラッシュバック的なもの
(私の場合はポジティブに考えようとすると否定的な言葉を思い出してそこで止まってしまう)
が頻繁に訪れる自覚が出てきて苦しかったり
子供を見て自分の嫌なとこ全部コピーされてる…。と思ったり
(良いとこ見れない)
そういう時に思い出しているのはやっぱりチチや義母(じゃないけど)からの言葉。

チチ:お前のような人間が育てる子供はまともに育たないから責任取れない
(認知養育しないぞ。法的責任回避?)

チチ母:母子家庭で育った子供は非行に走る数が多い
(息子と別れたら孫はまともに育たない。だから孫のために我慢しろ?)

チチ:お前の母さんに俺は潰されると思った
(まともに話したことどころか挨拶すらしたこと無いのに?)

チチ:俺が認知したのはお前が生活保護だとかネグレクトした時のためだ
(家庭裁判所通して強制認知にすればよかった・・・)

チチ母:愚痴は私が聞くから。私も息子のことはわかっている
(自分の息子の失態聞いてマトモに居られる気丈さはきっと私にはない。愚痴って我慢しろってか?)


自分がどうの言われているうちは良かった。
そうか。自分はそういうところが至らないから気をつけよう。で済んでいたのに
子供のことを引き合いにされると罪悪感しか植え付けられない。
まだまだありますが思い出すと情緒不安定になるので
小出しにします。

前の私はもっと 大らかというか「まいっか」ってなってて
結果それが良い方向に向かうことが多かったのにそれができなくなってる。
常に正論というか言われた言葉に囚われ過ぎているような感覚が出てきて
「これはまずいのでは…」と思って決心しました。

正直お金もかかるしきっとしんどいと思います。
でも笑えない、泣けないのがこうも長続きするのは心の病の引き金。
自分一人の身ではなくなったから頑張りたいです。

カウンセラーさんに2回めの予約の話の時に
「予算の都合もあるので」
『そうなんですよね…今日のお話を聞く限り大きいテーマだと思いますがなるべく時間かけないようにしたいと思います』
「ありがとうございます」
『では次回』

なんというか私の歩幅に合わせてくれている感じがして安心しました。
しばらく頼ってみたいと思います。 

こどもたちごめんよ。元気に飛び回って振り回すくらいになるから。
少し母ちゃんに時間ちょうだい。


【トラコミュ】ココロの断捨離




にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村





style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-2948975958850197"
data-ad-slot="2281356863"
data-ad-format="auto">

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ